バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

人生を変えようと思ったら、やっぱり交友関係も変える必要があるのかもしれない


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/45451323@N00/82367784

 

6月に受験したTOEICで925点を取得してから、しばらくの間はある種の燃え尽き症候群のようになっていました。

 

目標が無くなり、やる気が出なかったわけではなく、むしろ充足感からのものでした。昨年の10月頃から続いていた残業も無くなり、また会社からの補助で受けたTOEICで英語力を証明したので、このまま働いていけばいいんじゃないかと思ってしまったわけです。

 

会社には海外に支社があったので、もしかしたら海外勤務も夢ではないかもしれないと。その支社は社内報でも全然紹介されておらず、ほとんどの社員がどんなことをしているのかさえ知らない状況でしたが、それでも楽しみにしていたわけです。

 

さらに同僚や上司は以前の会社に比べると本当にいい人たちばかりで、仕事が終わっては近くの居酒屋で飲む機会が増えました。そういう時間はとても楽しく、つい惰性に流されてしまいましたが、先日の面談で現実を知ることになりました。

 

つまりは、今の会社では英語を使った業務はほとんど必要としていないとのこと。僕としては今すぐに英語を使って働きたいとは考えていませんでしたが、英語を諦めた方がいいというような上司からのアドバイスには、さすがに落胆してしまいましたね。

 

それに対して反発をするわけではありませんが、英検1級の取得を目指すことにしました。やはり自分にとって英語は大好きなことなので、それを諦めたくはなかったからです。

 

すると、不思議なことに以前からの知り合いだったエージェントから外資系企業での新規ポジションの話がいくつか入ってきて、今はそちらへの転職を前向きに考えている状況です。

 

そうなると、同僚と毎週飲みに行っていましたが、その時間も準備に当てなくてはならなくなってきました。そこで、以下の英語の言葉が非常に沁み入りました。

 

As You Move Forward In Life, You May Need To Change Your Circle Of Friends

As you move forward in life, you may need to change your circle of friends. Everyone around you isn't interested in seeing you improve.

人生を変えようと思ったら、交友関係も変える必要があるかもしれない。周りにいる友人たちは、あなたが変化して行くことに興味がないからだ。

 

このように意訳できるかもしれませんね。確かに、会社の同僚とお酒を飲む時というのは、今の会社に対する不満や他の従業員の噂話がメインとなってしまうことが多いですね。

 

理想は同僚や友人たちと一緒に成長し、自分の人生を変えていけるようになることですが、それも現実には難しいのかもしれないと思いました。今の同僚や友人関係には不満はありませんが、だからと言って今のまま働いていくということも受け入れ難く感じています。

 

やらなかった後悔をしないということを最優先に考え、今の自分にできることを精一杯していきたいと思います。そして仮に転職をしたとしても、今の同僚たちとはたまに会って近況報告とかが出来るような関係でありたいですね。

 

それでは、また。

photo by Christina Matheson