読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

英検1級対策に 音読中心の学習に切り替えてみた


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20140502112101j:plain

第190回のTOEICテストまで、あと22日となりました。

 

現在はiPhoneで文法問題を中心に解いています。1週間前になったら模擬試験も開始したいと思いますが、本番は6月の第191回TOEICテストなので、あまり気負わずに受けてこようと思います。

 

会社は3カ月ごとに繁忙期がやってくるのですが、次の6月は増税後の影響もあり、それほど忙しくならないようです。そのため、英語学習に集中するためにはこの6月末までの約2ヶ月が勝負になるかなと。

 

僕はTOEICの他に、6月初旬の英検1級にも再挑戦する予定です。最後に受けた時、筆記試験で3点足りずに落ちてしまったので、今度こそリベンジをしたいですね。TOEICと英検は同じ英語のテストとは言っても、性質が異なるテストです。

 

TOEICは英語の処理能力が求められるのに対し、英検は単語力が求められます。そのため、TOEICテストに向けた勉強は大量の問題を解くことを、英検に向けた勉強は単語力の増強がメインになります。

 

単語カードじゃ間に合わない

以前の記事で、単語暗記には単語カードが最適だと書きました。

 

これに関しては間違いないと思いますが、今回は短期決戦のため、単語カードじゃ間に合わないと思いました。以前に使っていた英検1級の単語集は、

英検Pass単熟語1級

英検Pass単熟語1級

 

こちらで、単語と例文が1セットになっているものでした。それに対し、今回の勉強で使用しているのが、

CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)

CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)

 

こちらです。こちらは英検で使用された過去の長文問題やオリジナル英文が書かれていて、その中で必要な英単語がまとまって載っている形式です。

 

僕はTOEICでもリスニングよりもリーディングが苦手のため、単語暗記と長文を読むということを並行して行えるようにこちらを選びました。そうすると、これまでは単語と日本語を1対1で暗記すれば終わりでしたが、実際に長文を読むという作業が入ってきてしまうため、単語カードを作るのが逆に非効率だと感じるようになりました。

 

そのため、現在は音読を繰り返すことを中心にしています。音読をすることによって、目と口と耳という「三感」を使うことができるので、記憶の定着には効果的だと以前に読んだのですが、確かに効果は高いんじゃないかと思います。

 

英検は年に3回なので、少なくとも6月の一次試験は突破したいですね。TOEICと英検1級を並行して勉強しているので、とにかく効率を追求していければと思います。

 

それでは、また。

photo by anna_t