バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

思考をリセットする方法 頭の中に樹を植えるといいらしい


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20131024234621j:plain

 

最近は仕事でトラブルが多く発生し、必然的に残業時間が増えています。

 

家に帰って来てからご飯を食べたり、お風呂に入ったりした後、すぐにパソコンを開いてブログを書き始めます。開設当初はそれで問題が無かったんですが、最近になってふと感じたことがあります。

 

それは、頭の中が雑多になっているということですね。

 

思考がリセットされていない

開設当初から1ヶ月目までは、とにかくブログを書くことが楽しくて、あまり疲れということを感じませんでした。ですが、そろそろ2カ月目に入るので、頭が疲れてきたような感じがあります。

 

会社にいる間は仕事のことを考え続け、仕事が終わってからはブログを書くことを寝る直前まで続けています。そして半ば力尽きるようにベッドに潜り込んで惰眠をむさぼり、朝日で目を覚ますと同時に仕事のことが浮かんできます。

 

何だか常に頭の中が何かに追われているような気がして、あまりいいことではないなと思いました。どうにかして、短い時間でもいいから思考をリセットしたいと思っていたところ、同僚から簡単な瞑想方法を教えてもらいました。

 

それは、頭の中に樹を植えることだそうです。

 

思考の葉っぱが落ちていく

同僚はいったい何者だと思うかもしれませんが、彼は合気道をずっと続けている武人なので、気持ちを整理する時に瞑想を行っているそうです。その時に行うのが、頭の中に樹を植えること。

 

頭の中に樹をイメージしようとしますが、僕のような俗物ではすぐに邪念が湧いてきてしまいます。その邪念に気がついたら、それを落ち葉にして落として行くんだそうです。

 

瞑想というと、ゆったりした呼吸を意識するとかマントラという言葉を唱えるとか色々と方法がありますが、さすがに会社の休憩所で「あー」とか「むー」とか唱えていたら産業医のところに連れて行かれそうですし、ゆったり呼吸をしようとしても実行できる場所がないんですよね。

 

それに対して、頭の中に樹を植えるという方法は取りあえずイメージをすればいいので、比較的簡単に瞑想状態に入れるんだそうです。休憩時間とか寝起きに試していますが、ほんの少しの間でも思考が飛んでいく感じで、リセットされたような気になります。

 

いつも何かに追われているように生きているのは辛いので、頭が沸騰しそうになったら頭に樹を植えて乗り切ろうと思います。

 

頭にガジュマルを植えてみた

ここからは完全に余談ですが、僕は頭に樹を植えると聞いて、真っ先に思い浮かべたのがガジュマルでした。

 

f:id:bbb_network:20131025000536j:plain

 

花屋さんで鉢植えにされているようなガジュマルではなく、こういう野生のおどろおどろしいガジュマルが大好きですね。ぼくの頭の中の雑多な感じをよく表していると思ったからです。

 

仕事に追われてブログから遠ざからないよう、またはブログに熱中しすぎて仕事に支障が出ないよう、常に思考をリセットして新しい気持ちで臨みたいと思います。

 

それでは、また。