読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

鍼治療の1本目 物事の印象は最初でほとんど決まってしまうということ

photo by Megan Lawrie Cole 鍼灸の勉強をしていた時、鍼治療を最初に受ける患者さんには、とにかく慎重になりなさいということを教わりました。 日本式の鍼治療では、鍼管という管を使い、人体に刺す時は切皮(せっぴ)といって鍼の頭を叩くように刺してい…

売り言葉を買わないようにした方が楽に生きられる

photo by kevin dooley 口論になるような状況を「売り言葉に買い言葉」という表現をしますが、売り言葉は買わない方が楽に生きられるなと思いました。 以前はとても短絡的だったので、同じ日本人であれば言葉に対して同じような共通認識を持っていると思って…

自分の好きなことを100個以上見つけることが想像以上に難しかった話

photo by Singing With Light 新年を迎えると、普段はやらないようなことをついしたくなってしまいますよね。 今回の年末年始は9連休だったので、いつもよりも心に余裕を持って休みを満喫することができました。その中でぜひ試してみたいと思っていたことが…

一度しかない人生をかけて手に入れたい自分はどんな自分なのか

photo by stridli 12月14日から20日までの7連勤を終え、ホッとしたのもつかの間、今日も休日出勤をしてきました。 12月の繁忙期は忙しくなると覚悟していましたが、実際に始まってみると昨年よりも体感的にはより忙しい感じがします。もともと景気に左右され…

2ヶ月で108枚 500円玉貯金のメリットとデメリットについて書いてみる

photo by HK-DMZ 10月から始めた500円玉貯金ですが、今日改めて数えたら煩悩と同じ数の108枚となっていました。 思ったよりも貯まりましたが、今後も継続するべきかを現在検討しています。始める前は、同僚で40万円近く500円玉貯金で貯めた人の話を受けてか…

先輩からの忠告 他人と比べて自分は報われていないと愚痴をこぼさないこと

photo by VernsPics 昨日は9月以来となる休日出勤でした。 朝8時50分くらいに近所の投票所で選挙を済ませ、そのまま職場へ向かいました。別部署のヘルプということで、普段とは違った作業だったので、とても疲れました。仕事自体は午後2時くらいに終わり、そ…

新しいことを学ぶなら独学するべきか師事するべきか

photo by CollegeDegrees360 今日は休日だったので、テレビを見ていました。 その中で出てきたフレーズに「~について独学で研究」という言葉がありました。その人はフランス鴨という日本ではあまり馴染みのない鴨の繁殖について研究していたようで、これま…

「そもそも論」を使って考える その目標は目的なのか手段なのか

photo by harold.lloyd 今日は自宅でのんびりと過ごした後、カフェで2015年の目標を新しく購入したデスクダイアリーに書いていました。 2014年の目標は抽象的なものが多く、達成できたものはTOEIC925点を取得したことだけでした。そのため、2015年の目標は数…

受け取り方は十人十色 素直に嬉しいと思うことの難しさ

photo by alles-schlumpf 本日は会社で冬季賞与の支給がありました。 昨年はかなり業績が悪く、支給額が低かったので、今年もあまり期待をしていませんでした。しかし、明細を受け取ってビックリ。今期は業績が良かったらしく、支給額がかなり上がっていまし…

すぐに分からないと言うのではなく、まずは受け止めてから考えてみようと思う

photo by Loving Earth 現在は11月末から入ってきた新人の教育をしています。 その新人に業務を教える時、何かを説明しようとすると「分からない」という言葉を新人から聞きました。新しいことなので、こちらも相手が分からなくて当然だと思って教えようとし…

新規業務を教える時は、自分でマニュアルを作ってもらうと捗るかもしれない

photo by peterme 今年の4月から僕が主担当として業務移管を進めてきたプロジェクトがありましたが、それのトライアル期間が終わり、ようやく正式に契約が結ばれました。 多い時には1人でパソコンを2台使い、12時間くらいずっと作業を行うというようなことが…

語学習得に近道なし 毎日継続することが大切

photo by mdalmuld 9月頃から開始したドイツ語学習ですが、なかなか思うように理解することができず、もどかしい思いをしています。 昨日、先週の日曜日に受験をしたドイツ語検定5級の感想と対策を記事にしました。 ドイツ語検定5級の感想と試験対策に使った…

無常感とKYと凡才の進む道 三鷹コミュニティシネマ映画祭「高畑勲監督特集」の話

photo by xddorox 昨日はドイツ語検定を受験した後、そのまま三鷹コミュニティシネマ映画祭「高畑勲監督特集」に参加してきました。 火垂るの墓とかぐや姫 第5回三鷹コミュニティシネマ映画祭「高畑勲監督特集」に行ってきます - バンブルビー通信 火垂るの…

宵越しのモチベーションは続かない その場で行動をすることを心がけている

photo by opensourceway サラリーマン生活をしていると、自由な時間を取れるのがどうしても夜の時間帯になってしまいます。 会社から帰宅して、ご飯を食べ、お風呂に入ったらすぐに勉強というのが今の習慣になっています。将来的には翻訳者になりたいという…

人生を24時間に例えるなら 時間を意識することの重要性を痛感しました

photo by ĐāżŦ {mostly absent} 僕が勤めている会社では、毎日の朝礼の中でヒヤリハットを持ち回りで発表しています。 基本的にゆるい会社なので、ちゃんと仕事に直結するヒヤリハットもあれば、日常生活の中でのヒヤリハットがシェアされることもあります。…

英語を使うことは目的なのか、手段に過ぎないのか

8月の半ば、とある転職エージェントから外資系企業を紹介されました。 その会社は年度末が9月末のため、8月は繁忙期で忙しく、ヘッドカウントが降りてからの面接となりますということを聞いていました。ヘッドカウントが降りるまで面接をしないということで…

何かの分野で一流になりたいなら一万時間の法則を考えてみよう

先月から、翻訳講座に通い始めました。 僕の英語学習歴としては、小学校3年生くらいにホームパルという英語教室に通い出したことがきっかけで、それから中高と学び、高校卒業と同時に独学で本格的に英語を勉強し始めたというところです。 この翻訳の勉強とい…

思考と行動を一致させること 「いま」に集中できるようになりたい

TOEICの受験の時に痛感しましたが、「いま」に集中をするということはかなり難しいことなんですよね。 目の前の問題を解いているつもりでも、頭の中は自信がなかった問題のことをくよくよと考えていたり、気を抜くと試験が終わった後の食事のことを考えてい…

イライラしないために 他人に期待をしすぎないという生き方

昨日、会社で小さなトラブルがありました。 昨年末から始まった新規プロジェクトにより、従来の方法とは異なったやり方で業務を進めているために起こったトラブルです。立ち上げた当初から予期されていた問題でしたが、対策を先送りにしていたために、ここに…

人生を変えようと思ったら、やっぱり交友関係も変える必要があるのかもしれない

6月に受験したTOEICで925点を取得してから、しばらくの間はある種の燃え尽き症候群のようになっていました。 目標が無くなり、やる気が出なかったわけではなく、むしろ充足感からのものでした。昨年の10月頃から続いていた残業も無くなり、また会社からの補…

外資系で働きたいなら覚えておきたい 面接の最後にすべき7つの質問

photo by Asian Development Bank 先日、以前の会社に勤めていた時に知り合ったエージェントの方から、求人のオファーを頂きました。今の会社にいたら英語を使うことを諦めた方がいいと言われたばかりなので、かなり転職に心が傾いています。 これまではあま…

会社によって必要とされる能力はまったく違うという当たり前のこと

6月に受験したTOEICで、自身最高の結果となる925点を取得しました。 個人的にはTOEICで900点以上というのは、ちょうど翻訳者や通訳者を目指すためのスタートラインのように捉えていたので、区切りがいいものでした。もちろん、990点満点を取れていたら最高で…

「時間がない」他 成功したいのなら今すぐ捨てるべき7つの思考

ビル・ゲイツの名言 「成功は最低の教師である」 - バンブルビー通信 成功と書くと、先日に連れて行かれたネットワークビジネスのような危険な香りがしますが、人生には大小さまざまな成功というのがあるかと思います。最近の例で言うと、TO... 先日、ビル・…

目標を達成するためには、何かを諦めることが最初のステップとなるということ

昨日は昼間から都区内を巡り、お酒を飲んでいたので、今日は一日中のんびり過ごしていました。 普段であれば図書館やカフェで勉強をするというのが習慣となっていたので、あまりにも何もしなくて逆に変な不安感がありましたね。休みの日はあえて何もしないと…

現場と事務方の仁義無き戦い メールでの傷つけあいほど怖いものはない

本日の定時間際に、一通のメールが現場から送られてきて、職場内の空気が一変しました。 それは現場の作業員から、事務へのクレームのようなものです。社内の人間だけであったなら、特に気にもしないような内容でしたが、なぜかCCにお客様のアドレスも入って…

人生を「強くてニューゲーム」 大人の話に耳を傾けること

小学校時代にはまったゲームに「クロノトリガー」がありました。 ラヴォスという宇宙からやってきた生命体によって滅ぼされてしまった未来を変えるために、原始時代や古代、中世に現代など、色々な時間軸をまたいで冒険していくゲームです。このゲームで面白…

長期休暇にはいつもより色々な予定を組み込んでしまう

今年のGWは8連休だったので、勉強がずいぶんと捗っています。 会社勤めをしていると、仕事が定時で終わるということはあまり無く、どうしても残業が発生してしまうということがあります。1日は頑張っても24時間しかないので、残業が発生した分は何かの時間を…

死後、あなたのソーシャルアカウントはどうなるのか? Perpetuという新サービスの紹介

昨晩、Twitterのタイムラインで気になるツイートを見つけました。 自分もリアルのソーシャルアカウントは削除して、ソーシャルメディアですら仮想人格だけで満たそうかなと思っている。 / “ソーシャル自殺 - 灰色ハイジの観察日記” http://t.co/KVYNLnIs3T— …

正義感はやっぱり大事 うまくいかなかった時に拠り所となってくれるから

昨日は会社が定時で終わったので、久しぶりに友人と二人で飲んできました。 金曜日ということで、やはりどこの居酒屋も混雑していましたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。帰りの電車は終電間際だったので、自分を含めてかなり酔っ払いが多かっ…

あれから28年 今日はチェルノブイリ原発事故が発生した日

高校生の時、自宅でテレビを観ていたらチェルノブイリ原発事故についての特集がされていました。 その時、テレビでは「チェルノブイリ原発事故から16年」というようなテロップが流れていて、自分の誕生日がまさにチェルノブイリ原発事故の発生した日なんだと…

物事を継続させるコツ 減点法じゃなく加点法で考えること

先日、会社の同僚と飲みに行った際、こんな話が飛び出しました。 ある同僚は他人に対して「好き」か「どうでもいい」かの二択であるのに対し、僕は「好き」か「嫌い」かで判断をしているという話です。その同僚は基本的に「どうでもいい」ところから始まり、…

クレームはチャンス? 僕が出会ったポジティブな人の言い分

本日は部署異動の初日ということで、関係部署への挨拶と仕事の引き継ぎがメインとなりました。学生の時は4月というと新学期ということで非常にわくわくしていましたが、社会人(社畜?)になると季節感も関係が無くなっていたので、久しぶりに初々しい気持ち…

真ん中がいちばんいい 週に8日働いて考えたこと

昨年末から滞っていたブログの更新を再開しました。外的要因に振り回されず、自分の信念を軸に置くことが大切だと思いました。

損して得とれ かけ蕎麦で「ネギ抜き」と頼んだ友人と”かき揚げ”をサービスしてくれたおばちゃん

小学校時代、好き嫌いがあるのを羨ましいと感じていたことがありました。 ダントツで人気が無かったのはシイタケで、他にはグリーンピースやピーマンといった王道が並びます。僕も好き嫌いが全く無かったわけではありませんが、嫌いなのがウナギやアナゴ、肉…

悲しみを打ち上げる 先輩の引退とロケット花火戦争の夜

中学校1年の夏、野球部の3年生の先輩が都大会で敗退し、引退となりました。 僕は1年からベンチ入りをしていたので、その帰り道にキャプテンから「まだまだ時間あると思ってるだろ? 3年間なんてあっという間だから」という言葉をかけられました。その時は実…

”正しくあろうとする”人と”正しさを強要する”人がいるって話

僕は高校卒業後、医療系の専門学校に進みました。 そこでは高校を出てすぐに入学するという人の方が少なく、ほとんどが大学を出た後だったり、脱サラをして第二の人生を目指すという目的で入学をしていました。その中には当然医療従事者の姿もあり、多様な人…

出身中学校の不良はキュウリをバトンに部活対抗リレーに出場してたって話。

出身中学校が県内で一番荒れていたという、体調わる子さんの以下の記事を読みました。 出身中学校が県内一で荒れていたって話。 - 体調わる子の毒吐きブログ おいらの出身中学校は荒れていた。 市内で有名どころか、当時は県内でも中学校名を出すと「あ、あ…

これからの人生の指針に 人が死ぬ前に後悔する20のこと

先日、とあるブロガーが投稿したブログ記事によって、はてな村民の間で死生観についての記事が増えました。 僕も何らかの形で書いてみたいと思ったんですが、どうにもこうにもうまくまとまらず、結局他のブロガーの死生観を読むだけに終わりました。ただ、個…

理想的な仕事のあり方 もしもあなたが心筋梗塞を起こしたら

先日、脱社畜ブログの仕事の分担が下手な組織、多すぎませんかという記事を読みました。 僕の部署はまさに仕事の分担に失敗しているんじゃないかと個人的には思っているので、ついつい自分の部署を思い出しながら読んでいました。僕が配属されて、最初に感じ…

善意という名の刃物 悪意のない言葉に傷つけられた時ほど辛いことはない

いつも面白い記事を書いているツベルクリン良平さんの昨日のエントリーで、女性の鼻毛が飛び出していた時の対処法を考える。というものがありました。 合コンに参加した時、綺麗な女性なのに鼻毛が豪快に飛び出していたので、傷つけずに相手に気付いてもらう…

人の行く裏に道あり花の山 点と点を繋いでいくことで本当の差別化ができる

「人の行く裏に道あり花の山」 この言葉は相場師の世界で一番有名な格言であるようです。花の山という表現を聞いた時、花が絨毯のように咲いている山を想像したんですが、これは桜の花を指しているとのこと。 お花見で人が集まっているところを避けて裏道を…

健康診断で脳貧血 その時、世界がファミコンになった

僕はどうも、血液が苦手なようです。 特に健康診断の採血が嫌いで、恥ずかしながらこれまでに2度ほど貧血を起こし、採血後にベッドで横になるということを経験しました。その2度目の貧血を起こした際、とても面白い現象が起こったのです。 今回の分かりづら…

海外と仕事をする難しさを実感 報告しなかったのは質問してこなかったから

今を遡ること9月下旬、僕はオーストリアの工場にある製品を発注しました。 普段僕たちは先行発注で在庫を確保し、受注が入った客先に振り当てて出荷するという業務を行っています。その時オーストリアの工場に発注したのはオーダーメイドに近い性質の製品だ…

海外のサービスは適当 イギリスのWiFi業者に4カ月も待たされた話

昨年の10月から今年の3月まで、約半年ほどイギリスに滞在していました。 イギリスと日本は観光ビザで最長6カ月の滞在が認められるので、僕はそれを使って滞在していました。観光ビザでは働くことができないし、学校に通うこともできないので、日本で受注した…

こんな上司の下で働きたい 優れた上司が持っている8つの信念

就職をする時は面接を受けるので、入ってくる人を選抜することはできますが、入社した先で部下が上司を選ぶことというのはできませんよね。 先日の”時間がない”ではなく”それは優先事項ではない”に口グセを変えたいという記事でも触れましたが、僕の上司はと…

僕のカラーはターコイズ カラーセラピーで使う14色とその意味を訊いてきた

先月にカラーセラピーのプチ体験をしてきましたが、本日は本格的にカラーセラピーを受けてきました。前回は本来であれば14色の中から4色を選ぶのですが、プチ体験だったので2本だけ選んで行いましたが、今日は4本を選びました。 僕が選んだのは、トップ画像…

考えが飛んでいく 単純作業もたまにはいいかもしれない

昨日の残業に引き続き、今日は有給取得促進日だというのに応援を頼まれたので、普段とはまったく別の職場に行ってきました。 僕の仕事は海外の工場へ発注をすることと、客先へ出荷指示を出すことなんですが、今日も朝から上司が無断で方針を変更していたため…

”時間がない”ではなく”それは優先事項ではない”に口グセを変えたい

毎日仕事から帰って来て、それからブログ記事を書いていますが、気が付くとついつい無駄な時間を過ごしてしまっています。 イギリスに滞在していた時は会社勤めではなく、ブログライターとして報酬をもらっていたので、時間の管理をしなくてはなりませんでし…

思い込みって怖い 痛い勘違いでスタミナを失った野球部員の話

以前のオリンピック選手の投げたボールを頭で打ち返した日という記事の中で触れましたが、僕は小学校時代に水泳の選手育成コースに所属していました。 今だったら3日で逃げ出すと思いますが、当時の方が根性があったようで、毎日の練習を当たり前のようにこ…

できない理由を探すより、できる理由を探したい アメリカンジョークから考えたこと

イギリスに滞在している時、イギリス人のジョークというのは皮肉が中心だということにとても驚きました。その相手の欠点を皮肉たっぷりに笑う姿を見て、どこが紳士淑女の国なのかと疑問を感じずにはいられませんでした。 根が卑屈な僕はイギリス人のジョーク…