読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

東洋医学

目にクマができている時の東洋医学的な考え方と効果的なツボについて

今日からまた仕事が始まりますね。以前は日曜日の夜から会社に行くことを考えて憂鬱になるという、典型的なサザエさんシンドローム患者だった僕も、今の職場は人間関係も仕事内容も気楽なため、特に気合を入れずに出社することができています。 しかし、この…

マンダラぬり絵で脳の前頭葉を活性化 うつ病や認知症の予防にも効果があるらしい

脳の前頭葉は最も早く縮み始めます。脳の老化と聞くと記憶力の低下や物忘れが浮かびますが、感情面の老化の方が早く訪れるようです。 その前頭葉を活性化させるには、マンダラぬり絵が効果的であるようです。

遠くを見ることとクコの実 若年性老眼をどうにか予防したい

今日は図書館に行き、のんびりと本を読んだりTwitterのタイムラインを眺めたりしていました。昨日まで仕事が忙しく、頭の中を整理する余裕がなかったので、とてもゆったりとしたいい時間でした。 そんな時、Twitterでちょっとドキッとする内容を見かけました…

腰痛に効果があるツボ 委中について

photo by postbear 先日から母が腰痛を訴えるようになりました。 一応病院で内臓検査を受けましたが、特に異常な所見は認められず、湿布を貰って帰ってきました。しかし、湿布というのは気休めに貼るものなので、やっぱり痛みは治まらなかったようです。 SEI…

ドライアイ対策に 滋養強壮と若返りのクコの実を紅茶に入れて飲んでいます

photo by naama 11月15日に、滋養強壮と若返りに効果があるというクコの実を購入してきました。 クコの実とクランベリーとブルーベリーという3種類のドライフルーツをホワイトリカーに漬けこんで、ただいま絶賛熟成中となっています。 <a href="http://blog.bumblebee-network.com/entry/20141115/1416045651" data-mce-href="http://blog.bumblebee-network.com/entry/20141115/1416045651">滋養強壮と若返り クコ</a>…

東洋医学と五行論 薬膳・漢方検定に向けて木火土金水を復習

photo by Clearly Ambiguous 東洋医学的に重要な考え方として、五行論があります。 前回の陰陽論というのは万物を陰と陽に分けましたが、今回の五行論というのは万物の持っている性質を5つに分類します。それが、木火土金水の5つですね。 前回の陰陽論と併せ…

薬膳・漢方から見ると、緑茶は体を冷やす お茶によって寒涼と温熱を使い分けよう

photo by dimi 冬になってくると、温かい飲み物が欲しくなりますよね。 職場にはオフィス用のティーサーバーが設置されているので、僕は緑茶をよく飲むようにしていました。他にはほうじ茶とコーヒーもありますが、何となく緑茶が一番健康にもよく、体を温め…

東洋医学と陰陽論 相対的に物事を考えること

photo by ronbrinkmann 誰もが知っていると思いますが、東洋医学の中でとても重要な考え方が「陰陽論」です。 宇宙のありとあらゆるものはそれぞれ陰と陽の2つに分類されるという考え方ですね。その2つの分類というのも、一方が陽であれば他方は陰というよう…

滋養強壮と若返り クコとクランベリーとブルーベリーの薬用酒を作ってみた

仕事で毎日パソコン画面を見続け、空き時間にスマホ、そして帰宅してからも翻訳学習とブログを書くためにパソコン画面を見るということで、最近かなり目を酷使している気がします。 朝起きると目が乾いているような感じがして、非常に不快なんですよね。せっ…

東洋医学から診る逆子(骨盤位)の原因とツボ(至陰)と英語などを少々

本日、Twitterのタイムラインを眺めていると、普段から親交のあるユーザーが逆子の治療のために鍼灸院へ通うというツイートを見つけました。 現在、鍼灸の臨床の場からは遠ざかっている僕ですが、逆子の治療で使うツボといえばすぐに「至陰」と浮かんできま…

カラーセラピストへの寄稿に向けて 東洋医学から見る五色

// 先日、以前からお世話になっている女性から記事を書いてほしいという依頼を受けました。 聞くところによると、カラーセラピストとして独立を考えていて、その中で女性向けの記事を書いてほしいということでした。とても光栄なことなのですぐに了承しまし…