バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

ライフハック-文章

うまい文章=目的を達成できる文章 文章術をしっかり学びたい

2016年4月29日からGWが始まりましたね。長い人では10連休とかになるようです。僕の会社も基本的に休みとなっているのですが、産能大学で行われたスクーリングに3日間参加してきました。さらに本日5月2日は出勤だったので、あまり長期休みといった感じがしな…

『星の巡礼』の著者 パウロ・コエーリョが語る8つの文章作法

今回紹介するパウロ・コエーリョ氏ですが、氏の生き方はまさに自由奔放といった印象を受けます。 ブラジルに生まれ、大学の法学部に進学するも学業を途中放棄しての旅。メキシコ、ペルー、ボリビア、チリ、そしてヨーロッパや北アフリカを巡り、帰国後は音楽…

KISS! の他にもある ”いい文章”を書くための簡単な10のルール

英検などで簡単な英文エッセイを書く勉強をしていた時、いい文章を書くためにはKISSを守れと教わりました。KISSというのは、”Keep It Simple, Stupid!”の略だということはよく知られています。 シンプルに書け、バカ!という意味ですが、なぜ最後にバカと付…

後には何も残らない、水のような文章を書けるようになりたい

ブログを書く上で、僕が一番重視していることは”読みやすさ”です。 何を持って読みやすい文章というのかは人それぞれだと思いますが、僕にとっての読みやすさは”漢字を乱用しない”ということと、”読点を適度に打つ”ということですね。 特に読点の位置は自分…

Pixarの第4番目のルール 物語を型にはめることの重要性が分かる7ステップ

先日公開をしたPixarの物語を作るための22のルールの中で、第4番目に「時には型にはめてみること」という部分がありました。原文では以下のようになります。 Once upon a time there was__. Every day, __. One day__. Because of that,__. Until finally__.…

これであなたもストーリーテラー? Pixarが大切にしている物語を書くための22のルール

みなさんは物語を書いてみたいと思ったことはありますか? 僕は直木賞作家からの教えという記事の中で、かつては短編小説を書いたということを話しました。今となってはまったく創作というものを行っていませんが、それでも小説家とか物語を作るということに…

『コララインとボタンの魔女」の作者が明かす8つの小説作法

『コララインとボタンの魔女」という作品は知っていますか? 日本では2003年に初の書籍が発売され、2009年に映画が放映された児童文学作品です。僕は日本ではまったく知りませんでしたがイギリス最初に観た映画がこの『コラライン』でした。 ストーリーは児…

都立マラソン高校と直木賞作家の教え いい文章を書くためにはとにかく削ること

みなさんは”いい文章”と聞いて、どんな文章を想像しますか? 僕が好きな文体は宮部みゆきの初期の作品のように、言葉は軽いのにしっかりとまとまっているというのが好きです。いつかそんな文章を書けるようになりたいと思っていますが、難しいですね。 僕は…